大学院で研究しながらビジネスを行うひよこのちらさんが好き勝手情報発信するブログです。ビジネス記事や思想記事などがメインだよ🐤

ちらラボ

ちらの考え方

気付いたら副業として始めた"仕事"は"娯楽"としても楽しめるようになっていた

投稿日:2020年1月30日 更新日:

どうもです!ツイ禁10日チャレンジを実施しながら日々論文書きやら数値計算やら諸々に追われているひよっこです🐤

脱スマホ中毒!(/・ω・)/

今回もつらつらと思うがままに記事を書いていきます(しばらくは多分ほとんどこんなのばっかですww)

 

今年は基本的に仕事をしない方針で論文執筆・研究・スキルアップとして学びたいことを学ぶことを中心に過ごす予定。

1月中旬からはリアルの場での対談系やらウェブ関係の勉強会からも一歩離れてます。

去年は人との出会いを大事にするが一つテーマでしたけど、今年は逆に振ります。基本は引きこもりますw

ツイ禁もある意味その一環だし、そもそもどう見てもSNS依存してるんで徐々に習慣を変えていってます(*'ω'*)

発言はしてないもののたまにログインしていいねしたりしちゃうけど・・・笑

でも前より冷めた目で見てる感じするし興味薄れてきてますね。

ちらアカウントでTwitter集客して何かしらやりたい・また人と交流したいってなったら活発に動くかもしれないけどとりあえず今年はあまりそういう動きする気ない(/・ω・)/

てなわけでふわふわとウェブマーケ・副業・アフィ・ブログ界隈でひっそりモードになって習慣変更をしてきているわけですが・・・

仕事が習慣・娯楽になってきててやめられない!ww

それでもですね・・・お仕事は多少やっちゃう。

なんかもう習慣でもあり趣味みたいな立ち位置。

でもお金もらってるし生活源を得る糧になってるのも事実だから"趣味"というよりは”娯楽”って感じ。

ご存知の通りちらさんは完全在宅ワークでサイトを作ったり広告を出稿したりすることで学費やら生活費やらを稼いで生きております。

これ、最初は”副業”だったし"仕事"だったし需要がほとんどない物理系博士課程という謎ルートを進んだことでお金がなくて困り果てた"危機脱出"の一手だったんですよね。

で、最近はある程度お金も貯めたし論文書きも始めたしってことで仕事をオフモードにしようと決めたわけです。

わけですが・・・(;´・ω・)

なんかやらないと落ち着かない←

キーワード探しとか空き時間に楽しみながらやっちゃうしw

こんな感じなんだけど、

「あれ、これってとても幸せなことじゃない??」

ってツイ禁中にふと思いました。

いや、研究とか物理とかめっちゃ好きですけど、それでも仕事にならない・金にならないっていう壁があるわけで。

で、その壁を気合でよじ登っても上には老人の先生らとかがつっかえてるしポストはない。

非正規のポスドクしかないっていう状況。そこに行って不条理に合ってたら好きなことも嫌いになりそう。

だからここは違うやり方で金稼いで好きなことややりたいことは聖域に安置したい。。。

元々そういう構えでやってます。

まあ会社員で安定~って思ってたら一気にリストラ祭りになって日本全体がポスドクみたいになるかもしれないからあまり変わらないかもしれないけどw(既に派遣やフリーランス増えて似たような感じだし)

 

ここ2,3年間は幸か不幸かある程度”副業”が生活を成り立たせるレベルの仕事として成立しています。

でも今その仕事が”娯楽”化してきているんですよね。

一応”好きなことでお金を稼げてる”ことになるのかもしれません。

研究じゃないけどw

好きなことで稼げないから稼げることをやろうとして、結果的に習慣化とかそこに携わってる人とか諸々との相互作用の影響で稼げることも”準好きなこと”くらいのポジションには来ている感じがします。

サイト作り・メディア作り・SEOハック・広告運用。

どれも大手のトッププロには及ばないでしょうけど個人規模+外注で楽しみながらやれてます。

好きなことで稼ぐのやめたけど結果として好きなこと増えてそれで稼げてるし生業にしてたらなんやかんや好きになる

で、これなんですよ。

修士2年くらいまでは「研究しかしたくない!」みたいな思想でした。

ここ数年アフィやらブログやら外注化メディア作りをやってきたことで、大分変わった気がしますね~

もうなんというかですね、本末転倒なんですけど、いざ仕事やめて研究だけやるぞー!って思っても

脳みそが仕事をやりたがるわけですww

研究の観点だけで考えたらマイナスなんですけど自分の生存能力の点で考えると間違いなくプラスです。

ひよこの脳ってすごいですね。都合よく生きられるようにプログラムされてます。人間のあなたもきっと同じです。

博士課程に絶望しか感じないのになぜ研究を捨てられないのか 生きづらさに抗う忘備録

まあこんな感じで前回は絶望系の記事を書いてますけど、好きなことで稼ごうとしなかったことで後天的に娯楽化した仕事を一つ手に入れたのは幸運ですね。

なんやかんや稼げることってのは多分人間楽しさを覚えるし好きになるもんなんですかね。

あまり稼ぐことに拘泥化するとやっぱりそれも冷めてくるわけですけど(*'ω'*)←わがまま

仕事だからやめるぞー!ってなったのに穴場キーワード探してしまうとかもう完全に娯楽化してますよねw

未だに好きなことで稼ぎましょう論法も盛んに目にしますが、何か自分に合いそうなもの選んで行動して続けてたら多分大抵は好きになるんじゃないだろうかと思います。

ただ、好きになる可能性のある行動を選び間違えるといろいろなネジが吹き飛んでダメになるんでしょうけどw

SNSとか炎上マーケとか詐欺とか循環取引とかが習慣化するとやっぱ脳みそバグりそうですもん。

でもそういうのじゃなければ何か続けてたら好きになるんだなあと。

そうじゃないと自分の書けた時間を自分で否定することになるじゃないですか。脳みそってそういうの嫌うでしょきっと。

自分の選択を肯定しないと辛いから。

だからみんなポジショントークなわけです。僕も博士課程やりながら副業で稼ぐといいよーとか情報発信してますし、

それで失ったもの・得たもの両方あるでしょうけど得たものを大きく見積もるわけです。無意識のうちに。

その方が人生楽しく感じるしね。

 

ただ、結局こうなってくるとよほど極端に事故る選択肢以外は肯定できるようになってきます。

でも多分自分が生理的に嫌なことじゃなけりゃなんでもそれなりに仕事・生業として成立するんだろうなと思います。

自分が生理的に嫌なことじゃないってのがめちゃくちゃ重要ですけどね。

ここが生き方に直結する部分だと思うんで。でもこれだって変わるんですよね。

人間の生存本能って思ってるより強くて、自分がこんなことできない!って思ってたことでもそれで成果が出れば多分簡単にやれるようになっちゃう。

脳みそが変容するんだと思います。習慣化したら余計ですね。

 

だから仕事の仕方や何を仕事にするかってのは結構重要。

好きになるとか生理的に嫌じゃないって感覚は生き方を規定してるから。

てなわけで好きを複線化していきつつ、生き方が変な方向に変容しないようにしませうしませう(/・ω・)/

趣味だけじゃなくて娯楽に感じられる仕事。そんな仕事を自分の中で増やしていけるときっと楽しい。

おしまい。

-ちらの考え方

Copyright© ちらラボ , 2020 AllRights Reserved.